2016/11/09

オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/Fall にいってきました

オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/Fall への参加記録として、殴り書きメモを張り付けていきます。

.NETで動くチケット管理ツール「プリザンター」

デフォルトで Redmine よりリッチなチケットトラッキングシステム。

  • OS は Windows 前提
  • デフォルトで WBS, ガントチャート, バーンダウンチャート, カンバンが使用可能
  • 既存の、 Excel, メール, 共有フォルダをプリザンターで置き換えられる
  • カスタムフィールドでグルーピングして集計みたいなことがリッチ UI でできる
  • VCS との連携がないのが残念

VCS 連携機能がないのが残念だけど、 全体的に Redmine よりリッチで使いやすそうな印象だった。 今の現場、管理用サーバーが Windows Server なので、これ使ってみたいが、 VCS 連携あたりでメンバに文句言われそう...。

今の現場ならいいけど、 「他の現場でノウハウが使えるか」とか考えてしまうと、 やっぱり導入ためらってしまう感じというのが正直なところか。

とりあえず触ってみないとか。

30分で分かるOSの作り方──自作OSもくもく会・出張版

  • OS とは
    • 他の OS の力を借りずに起動するソフトウェアのこと。
    • それぞれの作者が「OS」だと言い張って、周りが「まぁそうかな」と納得すればそれが OS。
  • 方向性
    • システムプログラミングを楽しむ
    • OS 理論を学ぶ
    • 実用的な OS を作る
    • 既存 OS を改良する
      • この発表でいう「OS 自作」ではない
  • OS 自作方法
    • 入門書を手に入れる
    • とりあえずその通りやる
      • 1 日 2 時間 x 30 日 くらい。
    • 改造する
  • 参考書
    • 30日でできる! OS自作入門
    • 12 ステップで作る組み込み OS 自作入門
  • 2016, osdev-jp 結成
  • 第 4 回 自作 OS もくもく会 11/26(土) 14:00 から

最近低レイヤの仕事してるのもあって、この辺への興味が増してしてきた。 実際作るかは置いておいて、OS 理論的なものの勉強はちょっとやっていかねば...。

ロケットや自動車にも搭載!高品質な組込み向けオープンソースを開発するTOPPERSプロジェクトのご紹介

遅刻。

  • Sessalelt
    • SESSAME(状態遷移図の設計セミナー)の成果物を実際に実装したもの
    • TOPPERS/EV3RT
    • 言語 : C or mruby
    • 状態の入れ子, 入れ子のない状態が存在するモデル
  • 状態マシン図設計セミナー
    • 11/28,29
    • Sessalet のモデルを持ち寄ってレビュー大会を開く
    • メーカーで設計していた人が講師
      • 今は社内でレビューを行っている
    • http://www.sessame.jp/seminar/Seminar2016_11/index.htm

mikutter会議2016東京

  • mikutter は Twitter クライアントではない
  • Pluggaloid
    • Yukari for Android
      • Pluggaloid on mruby on Androi!
  • mikutter 3.5
    • Model
      • ツイート, ユーザー, リストなど
      • ユーザーがカスタムモデルを作れるようになった
        • 適当なモデルを作ってタイムラインに流し込むと、よしなに表示してくれる

この辺からライブコーディングに夢中になってメモを忘れている...。

エンターテイメントなプレゼンだった。

進化の方向としては、モデルをさばくためのフレームワークだけ提供して、 モデルを作る(引っ張ってくる)部分とモデルを処理する部分は プラグインに任せる形になっていくっていう認識でいいのかな? この辺 Embulk とか Fluentd とかを思い出した。 この手のソフトウェア大好き。

ツイート以外のモデルを流しやすくなっているようなので、いろいろ触っていきたい。

AzureでOSSを気軽に試そう!~ LAMPからDevOpsまで ~

  • Microsoft には OS ハラスメントは無いみたい(Mac 使えるみたい)
  • けど、検索エンジンハラスメントはあるみたい(Bing 使えっていわれるみたい)

Azure で VM 作る実演。 Bitnami に、要求にマッチするイメージが存在すれば、数分で作成作業終わる感じ。 初期設定とかイメージの説明書読まないとだけど、その辺に慣れればすごい便利そうだった。

LT

みなさんネタと勢いのある素晴らしいプレゼン。見習いたい。(会社でやったら怒られるか...) Marp って初めて聞いたので試してみようと思った。

0 件のコメント: